ホーム
ニュース e-mail

ソフトウエア



ストリームアナライザ



FPD-IDE



ゲインフェーズチェッカ















ストリームアナライザ



  1. 連続したデータの特性を解析します。
  2. ツールは、DFT、FIR(LPF/HPF/BPF)、Wavelet、の3つです。
  3. FFTでは、サイズと位置が指定できます。
  4. FIRでは、2πfc、タップ数、窓関数が指定できます。
  5. コンパイラにgcc、GUIのライブラリにGTK+-3を使っています。Debian9/10およびWindows10上で動作を確認しています。





⇒ ページトップへ











FPD-IDE



  1. フラットパネルディスプレイの開発要素を一般化し、統合したソフトウエアです。
  2. 以下の機能が連携して動作します。
    • 指定された設計ルールにてTFT基板を自動設計し、欠陥率の予測を行う。
    • 指定されたTFT材料物性と駆動波形をもって充放電応答特性を計算する。
    • 指定されたバスラインの物性をもって反射/伝送特性を計算する。
    • 表示体の電気光学特性を設定する。
    • 階調補完と誤差拡散の方式および定数を設定する。
    • 全ての結果より画像をエミュレートし、ディスプレイ上に表示する。
  3. OSはWindowsXP、開発環境はC++/VisualStudioを使っています。(*1)

(*1) Windows上のアプリケーション:

2009年、C++/VisualStudio の使用は全面的にとりやめました。現在は Gcc/MinGWとGTK+-3、またはPython2/3とHTML5を用いています。








⇒ ページトップへ











ゲインフェーズチェッカ



  1. ハードウエアの動作を制御し、出力されたデータを表示します。
  2. ハードウエアとは、PCのRS232Cポート、またはUSBポートを使って接続します。
  3. ソフトウエアが持つ機能は、リアルタイムな制御と表示の他に、GO/NG判定、検査用シーケンサ、データ収集などです。
  4. コンパイラにgcc、GUIのライブラリにGTK+-3を使っています。Debian9/10およびWindows10上で動作を確認しています。





⇒ ページトップへ

ビーウエイブ・テクノロジー
bieewave.com