--- 踊場第三高校ハイキング部は昼休み ---


「できたん?」
「おう、ほらよ」

象潟のひかりのどけき春の日に
かどによこたう阿賀野川


「これは..」 「象潟の阿賀野川さんが通りの角で死んでしもたっちゅうこと?」
「よく見ろよ連作だぜ」

阿賀野川ふりさけみればガスが鳴る
雲隠れにし出でし月かも


「お。天の川続きやね」
「天の原だろ」
「阿賀野川さんの屁が臭うて月が引っ込んだんやな。」 「なんかそこはかとなく香るなあ..」
「あのな、言わないからこそ奥床しう思いやられ給うんじゃねえか」
「こら失礼」
「それよりおまえはどうなんだよ」
「ほいほい、できてまっせえ」

☓☓ビデオあっとおどろくためごろう
たった2巻で土日も休めず


「あ、おまえ。次オレにまわせよな」
「へーい」

原油高買わず飛び込む薪の風呂

神棚を集めて燃やし裏の川


「キレてるじゃねえか..でもこれくらいでドヤ顔はないだろ」
「またまたあ、素直にほめてくれてええねんで」
「ツンツンすんなっつうの!」
「あ、またできてるやん。もったいぶらんと見せてえな」

われときて遊べやおやのないすずめ
あるじなしとて春なわすれそ

きりぎりす負けるな一茶ここにあり


「ん?違和感ないやん」

おおえやま生野の道の遠ければ
往きも還りも逢坂の関


「意味通じてんのとちがう?」
「そうかあ?」
「"生野"と"往き"なんて涙もんやぞ」
「うーん、そう言えば..」
「冬は敦賀まわり舞鶴経由やったんかな」
「生野の山ん中まで何の用があんだろな」
「..えーと、僕もまたふたつできたでえ」

田子ノ浦ゆうち出てみれば白たへの
衣干すてふ天の香久山


「いやそんな遠くからは見えねえだろ」
「心眼や。先生言うてはったやろ」

もろともにあわれとぞ思え八重桜
今日九重ににほひぬるかな


「お、これはまさか...」
「そや、"なんでんかんでん数字でドロン"の術や」
「これやたら使うヤツっているよな」
「そや、とくにジジババな」





「そろそろ授業始まんじゃねえの」
「ほなそれで仕舞いっちゅうことで」

さかな屋で芭蕉とばったりブリとカニ


「あんた天才やな」
「フッ、おまえもな」